後遺症を最小限に抑えるため、リハビリは発症直後から行う必要があります

脳卒中の患者さんにとって、リハビリテーションは社会復帰を目指すうえで欠かせません。後遺症を最小限に抑えるためには、急性期治療でベッドで安静にしている段階からリハビリを開始する必要があります。

急性期はベッドで横になる状態が続くため、麻痺した手足の関節が固まってしまい、動くと痛くなり十分に関節が動かなくなります(拘縮)。また、筋肉も萎縮して細くなり、筋力も低下したり、骨も萎縮して骨折しやすくなってしまいます。

このような状態になると、急性期後に筋力の回復が望めても、手足は上手く動かせるようにはならず、日常生活にも支障がでてしまいます。したがって、意識がない患者さんでも、理学療法士によって手足の運動を行う必要があるのです。

リハビリによって最初の1ヶ月間は大きく機能回復が望めますが、その期間を超えると回復は緩やかになり、半年も過ぎるとそれ以上の回復は望めなくなります。寝たきりを防ぎ、社会復帰を果たすためには、最初の1ヶ月間のリハビリが大きな意味を持ちます。

脳卒中のリハビリは、患者さんを中心として、主治医(内科医・外科医)と、リハビリ専門医、理学療法士、作業療法士らのチームワークによって行います。リハビリ専門医は、主治医からの医学的データに基づいて、患者さんの重症度、発症からの期間、心臓や血圧の状態、肺機能などの全身状態を診察し、最適なリハビリプログラムを作成します。

入院中は、主治医のほか、リハビリ専門医や看護師などが病室へ来て、あるいは患者さんが理学療法室に足を運んでリハビリを受けますが、部屋に戻ってからもなるべく手足を動かすようにと指示をされることがあります。そのときは家族も協力して、指示されたとおりに行うことが大切です。書店では運動療法を解説した本もありますが、入院中は家族が勝手に行うのではなく、正しい指導を受けた後の参考として利用する程度にとどめたほうが無難です。